ITF2020Japan開催延期について

新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、2020年7月に大阪で予定されていましたITF(International Trombone Festival国際トロンボーンフェスティバル)は開催の延期を決定いたしました。


なお新しい日程につきましては、確定次第、ITF(本部)及びITF2020Japanの公式ウェブサイト・SNSなどを用いて改めてご案内申し上げます。
ご来場のご予定をいただいておりました皆様におかれましてはこのような決定となりましたことについて深くお詫び申し上げるとともに、何卒ご理解をいただければ幸いに存じます。


開催実現のために販売いたしました「実現パス」を含む全ての参加パスの返金のお手続きを含む取り扱いについては、決定次第、ご購入いただいたみなさまにメールにてご連絡差し上げます。


国際トロンボーンフェスティバルの日本開催に向け、みなさまには長期にわたるご支援をいただき多大なる感謝を申し上げます。
この状況が早期に改善され、世界中のみなさまとともに新日程でのITFを晴れやかに迎えられますことを願っております。
アジア初となる国際トロンボーンフェスティバルITFの日本開催に向け、引き続きの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症・ITF開催について

◆The new COVID-19 coronavirus situation for the ITF 2020 in Japan
(3月1日付 / as of March 1st, 2020)

ITF2020Japan実行委員会では、2020年7月のITFの開催に向けて準備を進めております。
新型コロナウイルス感染症の状況については引き続き動向を観察し、開催地域およびアーティストを含む関連の方々の在住・滞在地域の情報の収集に努めてまいります。
今後の動向によって開催内容への影響が生じる場合には、皆様にはITF(本部)及びITF2020Japanの公式ウェブサイト・SNSなどを用いて、適宜情報をお知らせいたします。

The ITF2020Japan Executive Committee is preparing for the ITF in July 2020. We are closely monitoring the new covid-19 coronavirus, as well as the situation in Japan and throughout the region. We will keep you informed if there are any unforeseen changes to the ITF event planning.

Takenori Yoshikawa 吉川武典

English bio follows after Japanese.

吉川武典(よしかわたけのり)※吉川の吉は土口(上の横棒が短い)。  

NHK交響楽団トロンボーン奏者。東京藝術大学在学中、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1988年、第5回日本管打楽器コンクール・トロンボーン部門第1位、およびコンクール大賞を受賞。1991年、NHK交響楽団に移籍。1996~1997年、文化庁海外派遣芸術家在外研修員としてベルリンへ留学。2013年、香川県文化芸術選奨受賞。伊藤清氏、ヴォルフラム・アルント氏に師事。オーケストラ活動のほか、リサイタルの開催やオーケストラとのコンチェルト協演などソリストとしても活躍し、日本各地で行われる室内楽や現代音楽のコンサートにも出演している。これまでに、ソロアルバム「風花賛礼」、「トロンボネッタ」、トロンボーン四重奏、金管アンサンブルなど、13枚のCDをリリースした。トロンボーン・クァルテット・ジパング、トウキョウブラスシンフォニー、N-craftsのメンバー。東邦音楽大学特任准教授、沖縄県立芸術大学音楽学部非常勤講師、高松第一高等学校音楽科中央講師。

Takenori Yoshikawa is a trombonist of NHK Symphony Orchestra (Tokyo, Japan) starting from 1991. He is also a member of Trombone Quartet Z ipang, Tokyo Brass Symphony and N-crafts. His performance fields
are not only orchestra but also other fields: solo recitals, trombone concerto with orchestra, chamber music, contemporary music, and so on. He has released 13 CDs in many genres: solo(“Breeze in the hearts, bloom in the world”, “TROMBONETTA”), trombone quartet, brass ensemble, etc.. He is active trombone teacher across many regions in Japan, owning classes at Toho College of Music, Okinawa Prefectural University of Arts, and Takamatsu Daiichi High School Music Course.


Yoshikawa joined New Japan Philharmonic when he was a student at Tokyo University of the Arts. He won the first prize in trombone category and the grand prize of the 5th Japan wind and percussion competition
in 1988. He studied trombone playing in Berlin with a grant for upcoming artists by Japan Government from 1996 to 1997. He got the award for distinguished artists from Kagawa Prefecture, Japan in 2013. He studied playing trombone with Kiyoshi Ito and Wolfram Arndt.

Motoji Konishi 小西元司

English profile follows after Japanese

小西元司(コニシモトジ)

京都市交響楽団ベーストロンボーン奏者。大阪芸術大学演奏学科在学中よりフリーランスの演奏活動を始め、様々な音楽シーンで活躍の後、1999年日本(旧大阪)センチュリー交響楽団入団。同団を経て、2002年京都市交響楽団に入団。大阪音楽大学、相愛大学、京都市立芸術大学各講師の他、ハイブリッドトロンボーン四重奏団、ジャパンブラスコレクション各メンバー。 トロンボーンを磯貝富治男氏に師事。ベーストロンボーンを呉信一氏、伊藤清氏に師事。


Motoji Konishi

Bass trombone on Kyoto Symphony Orchestra.Konishi started freelance performance activities while studying at the Music performance department of Osaka University of Arts.After playing an active part in various music scenes, he joined the Japan (former Osaka) Century Symphony Orchestra in 1999. After working in the orchestra, he joined the Kyoto Symphony Orchestra in 2002. He is a lecturer at Osaka Collage of Music,  Souai University, Kyoto City University of Arts and also a member of Hybrid Trombone Quartet, Japan Brass Collection. He studied the trombone under Fujio Isogai, and the bass trombone under Shinichi Go and Kiyoshi Ito.



Martin Schippers マーティン・スキッパーズ

English bio follows after Japanese.

マーティン・スキッパーズ

7歳で祖父の下ユーフォニアムを習い始める。15歳でトロンボーンに転向し叔父のハンス・スキッパーズから指導を受ける。その2年後、ロッテルダム音楽院に入学、在学2年目にオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団のセカンドトロンボーン奏者となった。2005年にオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席トロンボーン奏者、2009年4月からロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のセカンド及びバストロンボーン奏者。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、RCOブラス、インターナショナルトロンボーンアンサンブル、ニュートロンボーンコレクティブ(2010年まで)、他多くの室内楽団のメンバーとして世界各地で公演している。またthe Orchestra of the Americas(アメリカ大陸管弦楽団:シンフォニーオーケストラアカデミー)のローブラスセクションの指導にあたっている。

指導者及びソリストとして国際トロンボーンフェスティバル(ITF)、韓国トロンボーンシンポジウム、Festival do Campos Jordao Brazil、コスタリカトロンボーンフェスティバル、タイトロンボーンフェスティバル、済州ウインドアンサンブルフェスティバル、Sesc International Music Festival Pelotas Brazil、IPVフェスティバル、Lätzsch Trombone Festival、Curso Trombon de Valga in Spain 等に参加、米国、欧州、オーストラリア、アジアの主要な大学のマスタークラスで指導をしている。スイスのルツェルン芸術大学のテナー/バストロンボーンプロフェッサー。

マーティン・スキッパーズのSNSアカウント:

Instagram: schippers.martin

Facebook: /martinschippers

YouTube: /martinschippers

Martin Schippers 

Martin began studying the tenor tuba with his grandfather at the age of seven. He switched to trombone at fifteen, taking lessons from his uncle, Hans Schippers. Two years later he began studying at the Rotterdam Conservatoire; during his second year he was appointed second trombonist with the Netherlands Radio Philharmonic Orchestra. 

He assumed the post of principal trombonist with the Netherlands Radio Chamber Philharmonic in 2005. Martin is second and bass trombonist of the Royal Concertgebouw Orchestra in April 2009. 

As a member of the Royal Concertgebouw Orchestra, RCO brass, the International Trombone Ensemble, the New Trombone Collective (until 2010) and numerous other chamber music groups, he has performed in most of the major concert halls around the world. He is also coach of the low brass of the Orchestra of the Americas. 

Martin appeared as teacher and soloist on festivals such as the International Trombone Festival, Korean Trombone Symposium, Festival do Campos Jordao Brazil, Costa Rica Trombone Festival, Thailand Trombone Festival, Jeju International Wind Ensemble Festival, Sesc International Music Festival Pelotas Brazil, IPV Festival, Lätzsch Trombone Festival, Curso Trombon de Valga in Spain amongst others and taught masterclasses at major universities in USA, Europe, Australia and Asia. 

Martin is professor for tenor and bass trombone at the Lucerne University of Arts and Music in Switzerland. 

Follow him on social media. 

Instagram: schippers.martin 

Facebook: /martinschippers 

YouTube: /martinschippers

Yu Tamaki 玉木優

English profile follows after Japanese

玉木 優 – トロンボーン

世界各地を舞台にボーダーレスな活動を続けるソロトロンボーン奏者。兵庫県芦屋市出身。兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学を経て単身渡米。ミシシッピ交響楽団首席奏者、ミシシッピ大学講師、ピッツバーグ/デュケイン大学大学院助手を務めたのち帰国。小澤征爾監督の東京のオペラの森、サイトウキネンオーケストラに参加。東京佼成ウインドオーケストラに在籍後、文化庁派遣により渡欧。スイス・ベルン芸術大学を首席で修了後、南デンマークフィルハーモニー管弦楽団に入団。ラフォルジュルネ音楽祭(仏ナント)に出演。

2018年、ソロ活動に専念するために独立。以来大陸間を行き来しながら独自の活動を続けている。現在はソロ演奏を軸にオーケストラ、室内楽、教育、執筆、プロデュースなど多岐に展開。プロアルテムジケ、米国S.E.シャイアーズ社、willie’s Custom Brass社公式アーティスト。ふくたまフェスティバル音楽監督(島根県)。現在デンマーク在住。イアン・バウスフィールド、ピーター・サリヴァン、呉信一、山下浩生の各氏に師事。

近年のハイライトとしては、日本、韓国、デンマークなどでのソロリサイタル、コンチェルト共演やマスタークラス、インターナショナル・トロンボーン・フェスティバル(ITF2019・アメリカ)によるソロリサイタルやレクチャーへの招待、イアン・バウスフィールド(ソリスト)、ピーター・サリヴァン(ピッツバーグ響首席)、コリン・ウィリアムス(ニューヨークフィル副首席)、ブライアン・ヘクト(アトランタ響)など世界第一線のトロンボーン奏者らとのデュオリサイタル共演などが挙げられる。また、ソロトロンボーンの音楽表現探究のため、サミュエル・アドラー、伊藤康英、挾間美帆、ジェフリー・ゴードン、関美奈子など、世界の名だたる作曲家へ新作委嘱を行っている。異分野コラボレーションにも積極的で、青山健一(画家/映像作家/舞台美術家)、入手杏奈(ダンサー)、荻堂桂輔(リストランテ・アルテシンポジオ・オーナーシェフ)、湯村洋(眞田貿易)などと共演。

日本人金管楽器奏者として初、国際音楽コンクール世界連盟加盟の2つのコンクールと、国内最大の2つのコンクールにて入賞。第26回日本管打楽器コンクール審査員7名満場一致での第一位、第6回チェジュ国際金管楽器コンクール(韓国)第二位ほか受賞多数。ソリストとして、日本フィル、東京シティフィル、東京ニューシティ管、東京佼成ウインドなどと共演。これまでに、日本、アメリカ、スイス、デンマーク、韓国においてリサイタルを開催。2018年には1stソロアルバム”Love and Chaos”を、翌2019年には2ndアルバム”Colors for Trombone”、続いて1stシングル”Game from An;G;El”をリリース。トロンボーンデュオ『たましみず』(第22回青山音楽賞バロックザール賞受賞)、テナートロンボーン四重奏団『4 TenorBone JAPAN』、トロンボーンアンサンブル『スライドジャパン』メンバー。

教育の分野にも力を入れており、これまでに日本全国で講習会を展開。2014年よりプロ奏者育成のための「玉木優トロンボーンワークショップ」を定期的に開催。2014年にはイアン・バウスフィールド氏を特別講師として招聘、2016年には東京都主催により東京文化会館にて開催、2018年にはプロアルテムジケ主催「イアン・バウスフィールド/玉木優トロンボーンアカデミー」として開催された。バンドジャーナル誌面(音楽之友社)にて、2012年度ワンポイントレッスン(全12回)、2014年~2016年コラム“世界に挑戦!~ボーダーレスに夢を掴む”を連載(全30回)。

教育の分野にも力を入れており、これまでに日本全国で講習会を展開。2014年よりプロ奏者育成のための「玉木優トロンボーンワークショップ」を定期的に開催。2014年にはイアン・バウスフィールド氏を特別講師として招聘、2016年には東京都主催により東京文化会館にて開催、2018年にはプロアルテムジケ主催「イアン・バウスフィールド/玉木優トロンボーンアカデミー」として開催された。バンドジャーナル誌面(音楽之友社)にて、2012年度ワンポイントレッスン(全12回)、2014年~2016年コラム“世界に挑戦!~ボーダーレスに夢を掴む”を連載(全30回)。

Yu Tamaki Hoso – International Solo Trombonist

A Japanese Solo Trombonist active worldwide, Yu Tamaki expands his activities not only as a trombone soloist, but also orchestra and chamber musician, educator, author and producer. An official artist for Pro Arte Musicae of Tokyo, S.E.Shires Company of USA and willie’s Custom Brass of Yamanashi.

In January 2018, Yu has departed from his orchestra position in Denmark to concentrate on his soloist career. Ever since, he has been actively traveling between the continents for various events. His highlights of recent years include: solo recitals and masterclasses in Japan, South Korea and Denmark; trombone duo recitals with Ian Bousfield (soloist), Peter Sullivan (Pittsburgh Sym,), Colin Williams (NY Phil.), Brian Hecht (Atlanta Sym.); invitation to International Trombone Festival in USA for a solo recital, ensemble and lecture, creative collaborations with Keisuke Ogido (Ristorante Arte Simposio), Anna Irite (dancer), Yo Yumura (Sanada Co.) , Kenichi Aoyama (painter/videographer) and Ayano Jo (pianist); commissioning new works for solo trombone to the world renown composers such as: Samuel Adler, Yasuhide Ito, Miho Hazama, Geoffrey Gordon and Minako Seki, aiming for progressive expansion of musical language of solo trombone.

1980: Born in Ashiya, Japan

1999: Diploma, Hyogo Pref. Nishimomiya High School, Music Department

2002: Fellow participant, Pacific Music Festival, Principal Trb. under Charles Dutoit

2003: BA of Music, Kyoto City University of Arts, under Shin-ichi Go

2004: Moved to Chicago, the United States

2005-2007: Mississippi Symphony Orchestra. Adjunct Professor: Mississippi College

2007-2008: Assistant for Peter Sullivan at Duquesne University of Pittsburgh

2008-2009: Tokyo Opera Nomori Orchestra and Saito Kinen Orchestra (Dir. Seiji Ozawa)

2010-2012: Tokyo Kosei Wind Orchestra

2012-2013: Hochshule der Künste Bern in Switzerland to study with Ian Bousfield, under a full scholarship granted by the Ministry of Cultural Affair of Japan. Study completed with Auszeichnung (En: highest distinction)

2013-2018: Sønderjyllands Symfoniorkester (South Denmark Philharmonic)

2018- : International Solo Trombonist

Prizewinner of following international competitions.

1st Place: 26th Japan Wind and Percussion Competition, the unanimous highest scores by all seven jurors

Diploma: 45th Markneukirchen International Competition

2nd Place: 6th Jeju International Brass Competition

2nd Place: 8th Tokyo Music Competition

As a soloist, Yu has had frequent appearances with Tokyo Kosei Wind Orchestra, Japan Philharmonic, Tokyo City Philharmonic, Tokyo New City Orchestra and others. Yu has given many solo recitals in Japan (Tokyo, Osaka, Nagoya, Kyoto, Ibaraki, Shimane), USA, Switzerland, Denmark and South Korea. Also various Trombone Societies’ have invited him for their events, such as International Trombone Festival of USA, Japan Trombone Association, Kansai Trombone Association, Shonan Trombone Association and Okayama Trombone Association. First solo album “Love and Chaos” released in 2018. Second album “Colors for Trombone” and first single “Game from An;G;El” were released in 2019 and both are available on iTunes/Apple Music and other streaming services.

As an active educator, Yu has held lectures, clinics and master classes in all Japan’s major cities. Yu has had the rare opportunity to earn international education in Japan, United States and Europe. These experiences put him in a position to offer a unique perspective and broader opportunity to the next generation and future of Japan. Since 2014, he has been conducting workshops for young professionals. Fully sponsored by Tokyo metropolitan government in 2016, and by Pro Arte Musicae and Shinjuku ward office of Tokyo, held as the Ian Bousfield/Yu Tamaki Trombone Academy.

Yu has written monthly articles on “Band Journal”(Ongaku No Tomo Sha Co.), “Challenging to the World”(30 issues) in 2014-2016 and “One Point Lessons”(12 issues) in 2012-2013. Also he has been featured on interviews in the “Pipers” (Sugihara Shoten Co.) for their many issues.

As a chamber musician, Yu is a member of Trombone Duo “Tama-Shimizu”, “4 TenorBones Japan” trombone quartet, “Slide Japan” trombone ensemble.