Daniel Lassalle

English profile follows after Japanese

ダニエル・ラサールは、トロンボーンとサックバットという2種類の楽器で、類まれな妙技と音楽性を表現してきているということで、国際的に名声を得ている。1982年にトゥールーズ音楽院でトロンボーン(全会一致の金メダル)と室内楽で1位を受賞した。更にラサールは、楽器奏者として資質を評価され、パリ国立音楽院から満場一致でトロンボーンの最優秀賞を受賞した。 ラサールは、教育者としての訓練を受け、1984年に音楽教師、1992年にトロンボーン教師としての資格を得た。そして現在ラサールは、リヨン国立高等音楽院のサックバットの教授と、トゥールーズ国立高等音楽院のトロンボーン教授を兼任している。 ラサールの演奏家としてのキャリアは、彼がまだ15歳という1981年に、トゥールーズの金管古楽器アンサンブルである「レ・サックブーティエ」に参加した時から始まる。「レ・サックブーティエ」の常任メンバーとしての彼の重要な役割以外にも、彼は下記のような最高レベルの古楽グループと協力関係にある。それには、指揮者ミシェル・コルボ率いるジュネーブ・声楽アンサンブル、ジャン=クロード・マルゴワール率いる王室大厩舎・王宮付楽団、指揮者フィリップ・ヘレヴェッヘ率いるアンサンブル・ヴォカーレ・ヨーロッパ、指揮者ジョルディ・サバール率いるエスペリオンXXI、カウンターテナー歌手ドミニク・ヴィス2)率いるクレマン・ジャヌカン・アンサンブル等が含まれている。またラサールは、ウルビーノ、パリ、バルセロナ、リンツ、ラ・セウ・ドゥルジェイ)など大学で、古楽の主要な学術的な仕事にも定期的に参加している。 ラサールの豊かなディスコグラフィーをみれば、彼が、最も傑出した音楽家たちと、多数の共演をしてきたことがわかる。例えば彼は、聖母マリアの夕べの祈り(モンテヴェルディ作)の録音に5回、オペラ「オルフェオ」(モンテヴェルディ作)の録音に3回参加している。 ラサールは、シュメルツァー、バイベル、カバニールといったルネサンスやバロック時代の多くの埋もれつつあった作曲家を復活させ、その楽曲の録音に参加してきた。 古楽の演奏への取組に加えて、ダニエル・ラサールは、現代音楽の楽曲のソリストとしての演奏や、その解釈にも取り組んでいる。例えば彼は、ルチアーノ・ベリオによるソロ・トロンボーンのためのSequenza Vという楽曲のスペシャリストであり、作曲家本人の面前でも演奏している。 著作活動として、ダニエル・ラサールは、トロンボーン用のwarm-upと柔軟性に関する教則本「TrombOlympic」を最近、フレックス・エディション社から出版した。更に、同社から出版されている、「レ・サックブーティエ」の作品集として、サックバットのためのバロック音楽作品の監修も行っている。

Trombone teacher at the Toulouse Conservatoire National de Région Daniel Lassalle has acquired a leading international reputation, both as a trombonist and as a sackboy player, two instruments he practices with rare virtuosity and musicality. He won a first prize for trombone (a unanimous gold medal) and a first prize for chamber music at the Toulouse Conservatory in 1982. His qualities as an instrumentalist were also crowned by a first trombone prize unanimously from the Conservatoire National Supérieur de Paris. A music teacher diploma and a certificate of proficiency as a trombone teacher completed his teacher training in 1984 and 1992. He is currently professor of sacqueboute at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Lyon and trombone professor at the Conservatoire National de Région de Toulouse. His career as a performer started very early, since he joined in 1981, the old brass ensemble from Toulouse “Les Sacqueboutiers” when he was not yet fifteen years old. In addition to his key role as a permanent member of this ensemble, he collaborates with the best early music groups such as the Vocal Ensemble of Geneva and Michel Corboz, the Grande Ecurie and the Chambre du Roy and Jean-Claude Malgoire, the Royal Chapel and Philippe Herreweghe, Hesperion XXI and Jordi Savall, Ensemble Clément Janequin and Dominique Visse… He regularly participates in the work of major academies of early music such as those of Urbino, Paris, Barcelona, Linz, Seù de Urgell … His rich discography testifies to the multiplicity of collaborations he has established with the most outstanding musical personalities. He thus participated in five recordings of “Vespro della Beata Virginie”, in three recordings of Orfeo de Monteverdi. He participated in the recordings resurrection of many composers of the Renaissance and the Baroque period like Schmelzer, Biber, Cabanilles. In addition to his involvement in the performance of early music, Daniel Lassalle leads a career as a soloist and is particularly involved in the interpretation of contemporary music. He thus became a specialist in the Sequenza V for solo trombone by Luciano Berio which he played in front of the composer. Daniel Lassalle recently published at FLEX Editions a heating and flexibility method for the trombone entitled: TrombOlympic. He also co-directs at FLEX Editions the LES SACQUEBOUTIERS collection in which he publishes baroque pieces for Sacqueboute.

Corpus Quartet

English profile follows after Japanese

コルプス・トロンボーン・カルテットは2001年に結成された。 2001年、ドイツのパッサウで開催された第7回国際金管楽器コンクールにおいて審査員特別賞を受賞。 2003年、第32回国際トロンボーンフェスティバルのトロンボーンカルテット部門で初優勝。 同年、第5回フィリップ・ジョーンズ国際金管コンクール優勝。 2004年、第4回ヤン・ケッツァ国際トロンボーンカルテットコンクール優勝。 その後、彼らはアメリカや日本を含む国際的なコンサートツアーに加え、エジプトやヨーロッパなどの数多くの国、またもちろんハンガリーでも多くのコンサートをおこなった。 彼らの3枚のCDは米国や日本を含む、多くの国で継続して販売されている。 2005年、イギリスの楽器メーカーであるマイケル・ラスにより英国に招待され、スポンサー契約を締結。ブラント・アテマ、スティーブン・ミード、ヴィンチェンツォ・パラトーレ、ジェームズ・モリソン、マーク・ナイチンゲール、マーシャル・ギルクス、ゾルタン・キスなど世界的に有名なアーティストとともに演奏した。 2006年、室内楽アンサンブルの年間最優秀賞とともにハンガリーのスター賞を受賞。またハンガリーの現代作品に対する貢献により、2008年と2011年にArtisjus賞を獲得。 2010年、ドイツのパッサウで開催された第11回国際金管楽器コンクールで優勝。 2012年、コーパストロンボーンカルテットとして第1回ハンガリートロンボーンコンテスト開催。その後も国際的な学生コンクールとして毎年開催されている。 ITF Valencia 2015の後、彼らはITFでのコンサートをCD “Live”に収めた。 過去2年間においても、ハンガリーのトロンボーンブートキャンプの一環として国際コンクールを開催。また、さらに2枚のCD、”Contemporary” (2018)とハンガリーのフォークミュージックCD”Madarka” (2019) を作成した。 カルテットメンバー: 第1トロンボーン-アンドラーシュ・シュトー/ハンガリー放送交響楽団、ドナニー交響楽団/ 第2トロンボーン-ペーテル・パーリンカーシュ/ドナニー交響楽団/ 第3トロンボーン-ロベルト・スターゼンバウム/ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、コンツェルト・ブダペスト/ バストロンボーン-アコス・ガラ/ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、コンツェルト・ブダペスト

“Corpus” Trombone Quartet was founded in 2001. The same year the quartet attended their first international contest, 7th International Brass Chamber Competition, Passau, Germany. As a result of their 3-months en- semble playing before, they won the jury’s special prize thus they fastly worked up their repertoire. Thereafter, their activity embraced a common workshop of two years. During these two years the ensemble acquired a homogeneous sonority, virtuoso technique thus they confirmed their faith in continuing the common work. In 2003 the quartet achieved its first victory at 32th International Trom- bone Festival’s Trombone Quartet section. They won another contest, the 5th Philip Jones International Brass Chamber Competition in the same year, enhancing the fame of the Hungarian brass culture. In 2004 they again attended the 4th Jan Koetsier International Trombone Quartet Competition where they won the first prize. Afterwards, they made a lot of concert tours, among others several times in USA and Japan. They also played in Egypt and in numer- ous countries of Europe as well as a number of concerts in Hungary. Those years they made three CDs as well that have been sold continually from USA to Japan in many countries. In 2005 the British instrument maker, Michael Rath –who experienced the quartet’s success – invited them to UK and since then he has protected the ensemble with his master instruments. Those years the ensemble played with such world-famous artists like Brandt Attema, Steven Mead, Vincenzo Paratore, James Morrison, Mark Nightingale, Marshall Gilkes, Zoltan Kiss and many others. In 2006 they won the Hungarian Star Prize as well as the prize Chamber Ensemble of the Year. They acquired the Artisjus Prize in 2008 and 2011 for their interpreta- tion of Hungarian contemporary pieces. In 2010 quartet won the 11th International Brass Chamber Competition, Passau, Germany. In 2012 the quartet organized for students 1st Hungarian Trombone Contest named „Corpus” Trombone Quartet. They want to organize this contest every year, extend it for secondary school students and after a couple of years develop it for intenational level i.e. for students from foreign countries. After their first organized competition they did it every year. After the ITF Valencia 2015 they made from their ITF concert on CD called “Live”. On the last two years they made an international competition as the part of the Hungarian Trombone Bootcamp. Also they made two more CD’s : “Contemporary” in 2018 and a hungarian folk music CD in 2019 called “ Madarka” Members of the quartet : 1st trombone – Andras Suto / Hungarian Radio Symphony, Dohnanyi Symphony Orchestra/ 2nd trombone – Peter Palinkas / Dohnanyi Symphony Orchestra/ 3rd trombone – Robert Sturzenbaum / Hungarian Philharmonic Orchestra, Concerto Budapest/ Bass trombone – Akos Galla / Hungarian Philharmonic Orchestra, Concerto Budapest

Carol Jarvis

English profile follows after Japanese

キャロル・ジャービスは、トロンボーン奏者、キーボード奏者、アレンジャー、管弦楽作曲家、ナレーションアーティストであるキャロルは、あらゆる分野でその才能を発揮する、英国で引く手あまたのセッションミュージシャンである。 キャロルは今までにスティング、クイーン、ロッド・スチュワート、ハリー・コニック・ジュニア、ボン・ジョヴィ、テイラー・スウィフトなどのツアーやレコーディングに参加し、またロンドン交響楽団やBBCコンサートオーケストラなどの国際的に有名なアンサンブルとも共演している。 また、映画やテレビでも数多くの仕事をしており、ロンドンのウェストエンドショーなどにも定期的に出演している。 彼女はロンドンのトリニティ・ラバン・コンセルヴァトワール大学とマンチェスターの王立北部音楽大学の音楽教授であり、現在は国際トロンボーンフェスティバルの会長を務めている。彼女の管弦楽曲とアレンジは、英国と米国のビルボードチャートのトップアルバムに取り上げられ、ハリウッドで有名なキャピトルスタジオで録音の上、アカデミー賞授賞式でも演奏された。

Carol Jarvis is one of the most in-demand session musicians in the UK. A trombonist, keyboard player, arranger, orchestrator, and voiceover artist, Carol works almost exclusively in all fields of the profession. She has toured and recorded extensively with stars such as Sting, Queen, Seal, Rod Stewart, Amy Winehouse, MUSE, Jess Glynne, Harry Connick Jr, Ellie Goulding, Michael Bublé, Bon Jovi and Taylor Swift, but can also be found working with internationally renowned ensembles such as the London Symphony Orchestra and the BBC Concert Orchestra. Regular film and TV session work fills a lot of Carol’s diary and she can also be found regularly performing in London’s West End shows. She is a professor of music at Trinity Laban Conservatoire of Music in London and the Royal Northern College of Music in Manchester and is currently President of the International Trombone Festival. Her orchestrations and arrangements have featured on albums at the top of the UK and US billboard charts, been recorded at the famous Capitol Studios in Hollywood and also played during The Academy Awards Ceremony.

Aubrey Logan

English profile follows after Japanese

オーブリー・ローガン。彼女はトロンボーン奏者であり、歌手であり、ソングライターであり、パフォーマーでもある。 ひとつを選べば簡単なのかもしれない。しかし、彼女はひとつの型にはまろうとしない。彼女は既成概念にとらわれず活動しており、彼女を定義することは難しい。そして、定義できないということが、むしろ彼女にとっては意図であろう。 2017年の彼女のトップ5のデビューアルバムは、彼女を国内有数の若手の歌手および演奏家のひとりへと導いた。 2018年のデイヴ・コーズの1枚目のサマー・ホーンズのアルバムに参加したことで、彼女の地位は確かなものになった。しかし、オーブリー・ローガンがその名前を持って世界中の音楽愛好家の注目となったのは2019年の彼女の1枚目のアルバムでした。アルバムWhere the Sunshine is Expensiceは、彼女の作曲における深い才能を示すものであった。 彼女には世界クラスの歌手および演奏家として知られているだけでなく多くの側面があり、彼女がメインを務めるショーやフェスティバルはソールドアウトが続いている。

She’s a singer. She’s a trombone player. She’s a songwriter. She’s a performer. It would have been a lot easier if Aubrey Logan would have just picked one. But she’s never been one to be pigeon-holed. She lives her life outside the box and that makes her difficult to define. But that’s OK with her because she purposely defies definition. Her Top 5 debut album in 2017 helped establish her as one of the premier young singer instrumentalists in the country. Her participation in Dave Koz’ Summer Horns #1 album in 2018 helped cement her position. But it was her #1 album in 2019 that really helped Aubrey Logan become a household word with music aficionados around the world. Because it was that album, Where the Sunshine is Expensive, that showed the depth of songwriting that she’s capable of. Her title track, LA revealed to the world just how difficult it is to be an artist living in the biggest music town on the planet. She opened up her soul in the song, Understand, and told us how much she wants to be understood. She gave us songs that told us how much travel takes it’s toll and songs that tell us what’s really important in a relationship. She even takes us back a few decades with some retro songs that ask us to remember what it was the first captured our imagination on the radio. But mostly, Ms. Logan has finally given us a glimpse into the complexity of the mind of the artist. She’s still known as a world-class singer-instrumentalist. But she’s revealed that there’s so much more. Aubrey continues to headline sold-out shows and festivals. She continues to wow the crowds at symphony dates all over the world and she touches us in those rare intimate club shows. And with her latest album, we now discover that “The Queen of Sass” has depths to which we would never have imagined.

参加パスの国内優先一次販売を開始しました

(2019年 10月1日)

ITF2020Japan公式ショップより参加パスをご購入いただけます。
国内優先の一次販売は2019年12月13日までを予定しております。

■一次販売(国内優先):
2019年10月1日から
2019年12月13日まで

■二次販売(海外・国内):
2020年2月以降
※二次販売は、一次販売後に国内販売のパスに残席がある場合のみ販売致します。

ITA(国際トロンボーン協会)ソロ&アンサンブルコンペティションの要項・詳細が発表されました!

(2019年8月29日 / 9月14日)

2020年7月2~5日に大阪で開催される国際トロンボーンフェスティバル(ITF)の期間中にファイナルラウンドが行われる、ITAソロ&アンサンブルコンペティションの要項・詳細が発表となりました。詳細はこちらからご確認ください(英語サイト)。(日本語訳はこちらから)(録音についての日本語訳はこちらから)

ITA(国際トロンボーン協会)ソロ&アンサンブルコンペティションの課題曲が発表されました!

(2019年7月23日)

2020年7月2~5日に大阪で開催される国際トロンボーンフェスティバル(ITF)の期間中にファイナルラウンドが行われる、ITAソロ&アンサンブルコンペティションの課題曲が発表となりました。詳細はこちらからご確認ください。

実施内容の詳細についてはこちらから(英語サイトとなります)

実行委員会代表交代に伴う組織改編について

(2019年7月6日)

国際トロンボーンフェスティバル(ITF)の日本での初開催に向けて、日頃からの皆様の温かいご支援に深謝申し上げます。

2020年7月に豊中市で開催の運びとなりましたITF2020Japanの、運営組織の再編成につきまして皆様にご報告を申し上げます。

昨年より各位ご協力の元に実行委員会を運営して参りましたが、開催まであと一年を残す時期に差し掛かり、より一層迅速な意思決定推進のために実行委員会を実務担当者を主体とする組織へと再編することとなり、それに伴い代表を私 呉 信一から、当初より事務局マネージャーとして参画の藤田 志津香氏に委託する運びとなりましたことを、謹んでご報告申し上げます。またそれに伴い執行部・音楽事業部を解散し、実行委員会組織全体を、実行委員会事務局として兼ねてより参画のアマチュア奏者各位を主体とした組織として改編いたしますことを、合わせてご報告申し上げます。

この組織再編により、執行部・音楽事業部のプロ奏者各位は直接の実行委員会業務から離れることとなりますが、当然のことながら、一同引き続きITF2020Japanの成功へ向けての支援を行って参ります。
末筆ながら、アジア初開催となるITF2020Japanに向けてのみなさまからの益々の応援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

ITF2020Japan実行委員会 前代表 /  関西トロンボーン協会会長 呉信一

***********

昨年春からの長きにわたり、ITF2020Japanの開催へ向けご支援をいただきありがとうございます。

今回実行委員会の代表業務を引き継がせていただくこととなりました、藤田志津香と申します。
本職であるプロジェクトマネジメントの経験を活かし、ITF2020Japan計画の立ち上げ当初より、執行部の一員および事務局マネージャーとして準備委員会や実行委員会で実務の統括を担当してまいりました。

この度の組織改編にあたり、呉信一先生をはじめとする実行委員会にご参画いただきましたみなさまからのアドバイス、また今後の継続的な応援も含めた心強い激励をいただきました。
先の呉信一先生ご報告にありますように、残り一年間となる準備期間を前に、より迅速な意思決定を可能とするため、実務担当者を中心とした組織へと改編することとなりました。この改編には米国ITF本部から、引き続きの強力なサポート表明を頂いております。これからも米国のITF本部および国内外の関係各位と協働しながら、開催当日まで進めてまいります。

参加パスご購入という形で支援を下さったみなさまには、ここまでのご支援に深く感謝申し上げます。みなさまのご期待に、期待以上に応えられるようなフェスティバルにしたいという思いを胸に、実行委員会一同、引き続き当日に向けて励んでまいります。

いよいよ一年後となります2020年7月のITF2020Japan開催に向けて、引き続きのあたたかいご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

ITF2020Japan 実行委員会
代表(事務局マネージャー)藤田志津香

※以上の組織変更により、これまでの執行部・音楽事業部の負っていたイベント開催及びチケットの売買等に関する責任は、すべて組織再編後の実行委員会に引き継がれることになります。